Thursday, December 24, 2015

UK ACE, CHARLYレーベル系の魅力☆



UK ACE, CHARLYといった80年代のイギリスからリリースされたコンピレーション・アルバムが好きだ。愛していると言っても良い。
その理由を、ここで簡単にお伝えしたいと思います。

①ロックンロールに打ち出された会社の方針と、その手の選曲が絶妙。

②レイ・トッピング、クリフ・ホワイト、テッド・キャロルといった、分かっている名選曲家によるロマンが光る。

③RHINOレーベル程にやり過ぎていない、自然な雰囲気が絶妙な高音質でのリマスターが最高。

④ノイズ交じりのオリジナル45s盤では聞こえなかった音が満載されており、とても贅沢。

③未発表曲や別バージョンといった、お蔵入りの秘蔵音源が聞けるアルバムが多く喜ばしい。

⑤ドイツのBEAR FAMILYレーベル程、真面目ではなく、気軽に接する事ができる親近感。

⑥大英博物館並みに凄まじい探求心と選曲の徹底ぶりに脱帽。

⑦独特のアルバム・カヴァー・デザインを見ているだけで萌える。





以上、パッと思いつくだけでも、これだけの賛辞を贈る事ができる。というわけで、当店ではUK ACE, CHARLYレーベルを商品として充実させていける様、努力しています(50's/60'sであればジャンル問わずに買い取り大歓迎!)。
年代もそんなに古くないので、コンディションの良いのが出てきやすく、それでいて値段もお手頃。西ドイツ・プレスが多いので、プレスされたレコードの品質も上質。

マイナス点を上げるとしたら、プレスの溝が浅いのでポータブル・プレイヤーや、古いレコード針では針飛びしやすい点くらいでしょうか(これは中より上の再生環境がある人なら問題ないと思います)。
※プレスの溝が浅いのは、自然な音質を保つ為で、ヴィンテージ盤の様に溝が深ければ、音質が安定しないからだと思います。


余談として追記が必要な事として、アメリカのRHINOレーベルにはまた別の選曲や音質の魅力があり、ドイツのCRYPTレーベルや、アメリカのCANDYレーベルには先端マニアの心をくすぐる、また別の魅力があります。

アメリカのCOLLECTABLESレーベルの編集盤は、たまに出色の物があるが、基本的にあまりオススメできる内容ではない。
当店独自の主観もあるので、これが全てだとは言い切れませんが、当店で商品として取り扱っている物は全てオススメですので、ぜひこれらの魅力をふまえたうえでご覧いただけると幸いです。


0 comments:

Powered by Blogger.