Tuesday, December 30, 2014

年末年始の営業/配送についてのお知らせ




日頃よりナイトビートレコードをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

当店では、誠に勝手ながら年末年始の営業日は下記の日程とさせていただきます。

年内営業 2014年12月30日(火) 19時迄
年始営業 2015年1月4日 (日) 10時より




また西濃運輸の配送業務は2015年1月5日(月)より通常通り再開いたします。

お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解いただきます様お願い申し上げます。
本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますと共に、2015年も変わらぬお引き立てのほど宜しくお願い申し上げます。

店主:藤井康成 スタッフ一同



0 comments:

Thursday, December 11, 2014

NEW MIX!






DOO-WOP BALLADS of the 50's & 60's.
(↓のURLからお聞きいただけます)

https://www.mixcloud.com/nightbeatrecords/doo-wop-ballads-of-the-50s-60s/

クリスマスのBGM向けに新Mixをこしらえました。といえど、年中いつでも聞いてもらえる内容にしたかったので、時季感を抑える為にもクリスマス・ナンバーは入れていないんですが、50~60年代のドゥーワップ・バラードはなぜかクリスマスの雰囲気に合うんです。

山下達郎さんの『On The Street Corner』シリーズがお好きなポップス・ファンの方を意識した選曲ではありますが、以外とピッツバーグ・オールディーズと、ジャマイカン・オールディーズの感覚も盛り込めた独特の流れになったのではないかな?といった印象の仕上がり具合です。また本Mixを制作した状況が常夏のタイのリゾート(Pattaya)だった為、若干メロウなリゾート感も出てるかと思います。


(↑ここのスタバで制作)

名曲と新発見と少しのレアリティーが織り成す、愛と入魂のドゥーワップ・バラード・セレクション80分で棚からひとつかみ!お楽しみください♪

※ホワイト・ドゥーワップのバラードにも名曲は多いですが、今回の選曲にあたっては、R&Bヴォーカル・グループ(黒人コーラス・グループ)のみをセレクトしております。また音源は全て当時アメリカでリリースされたオリジナル7インチ盤から録音している為、再生中に生じるノイズに関してはご了承ください。Baby, That's Rock & Roll!

0 comments:

Wednesday, November 26, 2014

LP/33RPM/12INCH





こんにちは。お世話になっております。NIGHT BEAT RECORDSです。


さて、LP強化月間はいかがでしょうか??

今年の中頃に幸いにも在庫していたLPがどっと売れた為(お店の棚はスカスカ状態)、買い付けの時にはLPを集中して集めてきました。

良い感じに新入荷LPが集まってきたので、最近は日々アップしていっております。

ホームページを見てご来店されるお客様も増えた気がします。LPファンの方も多くて嬉しいですね~☆


R&B/Soul/Blues、Oldies/ロックンロール/ポップス系、60'sロック(US/UK)関連、まだまだ豊富にストックしていますので、今後もしばらくは良いLPをアップしていけそうです。


引き続きご覧いただけますと幸いです♪

http://www.nightbeatrecords.com/

0 comments:

Tuesday, November 25, 2014

木製収納箱 入荷のお知らせ





お陰様で在庫を切らしていた「7インチ・木製収納箱」が大量入荷しました!

年末の大掃除/レコード整理に抜群の威力を発揮してくれると思うので、これからのシーズンにいかがですか?

皆様からのご注文お待ちいたしております!!

ご注文は商品ページからご確認いただけると幸いです↓

スッキリ収納!7インチ/EPレコード専用:木製収納箱 ■ 厚紙スリーブなら100~紙スリーブなら150枚用
http://www.nightbeatrecords.com/?pid=22278766

0 comments:

Saturday, November 22, 2014

WEEKEND





ナイト・ビート・レコードは連休中も絶賛営業いたしております!

店頭にh10月のアメリカ買い付け盤もまだまだ充実&11月のUK買い付け盤はこれからどんどん出して参ります!


ホームページも随時更新いたしておりますので、チェックよろしくお願いいたします!!

http://www.nightbeatrecords.com/

それでは皆様、Have a Nice Weekend!

0 comments:

HERE'S NIGHT BEAT RECORDS





アメリカで$1-で買った #LittleRichard のボロ盤のアルバム・ジャケットを再利用して、店の入り口付近に設置する看板を工作しました。(アナログ感を出したかったので、店名部分はプリンターは使わず、色紙をアートナイフで切り抜きしました。)


0 comments:

FREE RECORDS





無料レコードはじめました。


0 comments:

Thursday, November 20, 2014

『ワイルド・ロックンロール・ディスク・ガイド』リリース・パーティー


『60'S ガレージ・ディスク・ガイド』の興奮も冷めやらぬまま『ワイルド・ロックンロール・ディスク・ガイド』が刊行されました!

ロックンロール、ブラック・ロッカー、サーフ、ロカビリー、TTシェイカーなどなど、ティーンの衝動を刻み込んだ音盤の数々を聴きまくり、踊りまくるスペシャル・ナイト!!

世界でも類を見ない、ロックンロールの7インチ・シングルを中心に掲載したガイドブック『ワイルド・ロックンロール・ディスク・ガイド』、その掲載枚数は『ガレージ本』を凌ぐ800枚超!監修されたジミー益子先生の労をねぎらうと共に、刊行を思いっきりお祝いするためのパーティです!

迎えるゲストは前回に引き続いて「下北ナイトトレイン」主宰、関口弘先生!更に「SOFT,HELL!」のお二人、キングジョー&KAZZMAN両氏!そして今回新たにロカビリー・シーンを代表して「THE BASH」「WILD & FRANTIC」のシェフDJを務めるGO FROM TOKYO氏が参戦致します!

今回もあえてライヴアクト無し、45回転のレコードだけで終電まで楽しんでください!


今回は来場いただいたお客様に先着でジミー益子先生による「ワイルドR&R MIX CDR」を先着でプレゼント致します!

11月23日(日)新宿 BE-WAVE B1F
http://be-wave.co.jp/shinjyuku/soundwave/
OPEN : 18:00-LAST
CHARGE : 1,000円
※ご来場のお客様はお店にドリンクオーダーください。
※再入場可/出入り自由

■DJs
ジミー益子
関口弘
エディ・ウガタ
JAMES
GO FROM TOKYO
KAZZY WHEELMAN
キングジョー

■ジミー益子
イラストレーター・DJ
1985年、ネオGS・グループ、ザ・ファントムギフトのデビュー・シングルにニセ・ロック評論家として登場。
1988年、下北沢のクラブ「ZOO」にて60年代ガレージとGSを中心にしたDJイベント「GARAGE ROCKIN' CRAZE」をはじめる。
現在、ダディ・オー・ノブ主宰のガレージ・ライヴ・DJ・イベント「BACK FROM THE GRAVE RETURNS」に参加。

■関口弘
80年代末、音楽雑誌の投稿をきっかけにライターとしてデビュー。月刊誌のレギュラー・コラム、数々のCDライナーノートを担当する傍ら、90年代半ばからDJ活動を開始。2000年に突入してからようやく自らのイヴェント『SWANK』『下北ナイトトレイン』を発足させ、国内外に留まらず意欲的な音楽活動を続けている。Blues/R&B/Doo Wopといった荒削りな黒人音楽と、 Garage Punk/Surf/Tittyshakerと称されるチープなサウンドが好物。近日ディスク・ユニオンより初のコンピレーションCDが発 売されるので乞うご期待!著書(監修)にディスクガイド『Garage Punk』(シンコー・ミュージック刊)。自身で通販オンリーのウェブショップ も運営中。

■GO FROM TOKYO
The Bash、Wild & FranticのシェフDJ。
1972年東京生まれで東京育ち。
普通に東京で育ち普通に遊んでいて、18歳のときLondonに行きRecordHopと出会い人生が大きく変わる。
London在住のころは最初はサポートDJとして当時のGigに参加し、その後DJ Collins KidsとともにSouthLondonでのレギュラーHop、WessexHouseをオーガナイズ、そして各イベントのゲストDJを経て、活動もLondonでもSouth、Northを問わず、ヨーロッパでもドイツ、オランダ、ベルギー、スイスなどのツアー、そしてHemsby、Rockabilly Raveなどのウィークエンダー等に広がる。
25歳で帰国し新宿JAMでRockabillyBash を始め、その後Wild & Frantic、Rockn'Roll ExtravaganzaなどのRecord Hopを行う。今年で17周年を迎えるThe Bashは毎月第2土曜日幡ヶ谷Heavy Sickで、10周年を迎えるWild&Franticは下北沢Bar CCO?で開催中。
現在も日常生活の中にRecord Hopを、最低毎週末はどこかでRecord Hopを、Record Hop最強を信じてその楽しさを伝えられるようにがんばってます

■DJ JAMES
50's&60's音楽専門の輸入レコード屋Night Beat Records代表。2001年より大阪club StompでOsaka Twist And Shoutを主催するDJ。50's-Mid 60'sのR&B/Blues/Jump等をオリジナル盤7インチでプレイするスタイル。イベントの内容により、時々Early 60's Girl PopsやVocal Surf Pops等もプレイ。日本国内でけに留まらず海外でもDJ活動を行い、アメリカではピッツバーグのCollector's Meeting、ロンドンではGaz's Rockin' Blues、JukeBox Jam他に出演を果たす。

■エディ ウガタ
ノーザン・ソウルとスペクター・サウンドをこよなく愛する永遠の17歳
現在は秋葉原を中心に萌えコンテンツ・ビジネスを展開中
金儲けの極意は自分でトレンドを作ること
敬愛するレコード店はジョン・マンシップ

高いから価値があるんだお

■KAZZY WHEELMAN
ガレージパンク愛好家。
SOFT,HELL!副社長。
元TEENAGE BABYLON DJ。
現在、札幌にて50s&60S DANCE PARTY"HIDDEN CHARMS”を主催。
ロカビリー・イベント”STRUTTIN'”にも出演中。
昼間は保険代理店勤務。

■キングジョー
SOFT,HELL!主宰。大阪在住。
「森本ヨシアキ」名義で原作を担当した漫画「淀川ハートブレイカーズ」(作画:須田信太郎)と手描きジャケ画集「SINGLES GOING STEADY」がPRESSPOPより発売中。来年の春までにPRESSPOPより新しい画集を発売予定。

Facebook イヴェント・ページ

0 comments:

Sunday, November 2, 2014

ワイルド・ロックンロール・ディスク・ガイド50’s & 60’s発売のお知らせ




店主JAMESが執筆で参加いたしました、「ワイルド・ロックンロール・ディスク・ガイド」(グラフィック社)が11月中旬に間もなく発売されます!

僕はブラック・ロックンロールの7インチと、オブスキュア・ダンス・クレイズを中心に、約230枚の入魂のレビューを寄稿させていただいております。もちろん全てオリジナル盤のレーベル・スキャンの画像と、わりとマジメなお話が満載。

GoogleやYouTubeといったインターネット上にまだない情報(2014年11月現在)や、コンピレーション盤に未収録の最新発掘盤も多数掲載しており、本書でしか知りえないレコードにも出会う事ができると思います。(それじゃ曲が知れないじゃないか!という事にならぬよう、そのうち僕のYouTubeチャンネルに音源をアップしていく予定です。)



ジミー益子 監修

(監修者 益子さんのブログも最高なのでぜひご覧ください。http://garagerockin.blog129.fc2.com/blog-entry-158.html

50年代半ばから60年代半ばにかけてアメリカで一大ブームとなったロックンロール。
ガレージ・パンクと地続きの無軌道なティーンエイジ音楽の数々は、80年代以降さまざまなレーベルから発掘・再発され、異様な高揚感をもたらすワイルドなダンス・ミュージックとして、今なお新たな発見と感動をもたらしています。
本書は熱病のようなロックンロールのバカ騒ぎぶりが記録されたレコードを、ブラックR&R/R&B、ホワイト・ロッカー、ダンス・クレイズ、サーフなどに分類し、オリジナル・シングルを中心に約800枚紹介します。

【目次】
インタビュー: ビリー・ミラー&ミリアム・リンナ(ノートン・レコード)
1 章: ブラックR&R / R&B   
2 章: ホワイト・ロッカー
3 章: ダンス・クレイズ   
4 章: ティティシェイカー / エキゾ / モンスター
5 章: サーフ / ホットロッド / インストロ
2014年11月発行
B5 正寸 並製
総144頁
定価:本体2,200円(税別)

0 comments:

Thursday, October 23, 2014

NEW MIX ON JUKEBOX JAM!

DJ店主の新MIXが、U.Kの人気イヴェント JukeBox Jam のウェブサイトにアップされました!

来月の渡英でDJさせてもらう『Juke Box Mambo』を意識したラテン系R&B特集です!
ぜひ聴いてみてください♪

http://www.jukeboxjam.org/

0 comments:

Monday, October 13, 2014

BLUES



0 comments:

NEXT TWISTIN'! - Osaka Twist And Shout

OSAKA TWIST AND SHOUT
2014年11月01日(土)
at club Stomp (大阪/東心斎橋)
Dancing 9p.m. - till 5a.m.
2,000 yen (without 1drink) Door

[LIVE]  LULUFIN THE WOO FOO





Go Google [Lulufin The Woo Hoo]
2014年3月に初ライヴ・デビューを果たした期待の新生!女性グループで60’sサーフ・バンドを編成するという、男前なスタイルが印象的。事前にYouTubeに上がっていた映像で予習させたもらったが、ロックンロールのなんたるかを真に理解し、昇華させた、Late 50’s~Early 60’sのアメリカン・スタイルを継承するインストゥルメンタル・グループ。衣装もキマってて素敵じゃないですか。というわけで猛烈オファーの末、ツイスト初登場が決定!ちなみにベースのあけさんは、大阪・中崎町にて「Star Cats USAアンティーク」を絶賛運営中デス。(JMS)

[DJ] BRUCE MILNE - In-Fidelity Recordings from Australia


ブルース・ミルン(1957年生まれ)。オーストラリア・メルボルンのポスト・パンクシーンと密接に関わってきた音楽の起業家。ティーン期にはRowland S. Howard や Anita Laneと同校に通う。1979年に自身の「Au-Go-Go」レーベルを設立。 また彼はグラフィック・デザイナーとしても活動しており、オーストラリアのアーティスト Philip Brophy や、ロック・グループ The Scientists、Spiderbait、Magic Dirt、ジャーナリストの Clinton Walker、そしてニュージーランドのグループ The Datsuns らとも関係を持つ。さらに彼はファンジン、コミュニティ・ラジオ、小売レコード店、イヴェント主催やA&Rに携わり、オーストラリアのインディペンデント・レーベル音楽シーンを陰から支えるフィクサーとして知られる。こうしたブルース自身のキャリアが、著名なCraig HawkerといったA&Rマネージャーに影響を与えている。現在では自身のレーベル「In-Fidelity Recordings」を運営している。(From Wikipedia, the free encyclopedia)

[DJ] GEN - SKA BAR


SKA・ROCK STEADY・REGGAE・CALYPSO・CARIB JAZZなどのカリブ海のヴィンテージミュージックや、R&B・SOUL・LATIN・JAZZといったルーツに根ざしたヴィンテージの香り漂う黒い音楽を中心にセレクトするDJ。愛車とフェイバリットビアも黒いやつ? 数千人規模のビッグイベントから、シーンを支える多数のクラブイベントへの出演も多数。RICO RODRIGUEZ、GAZ MAYALL、東京スカパラダイスオーケストラ、吾妻光良&ザ・スウィンギンバッパーズ、DOBERMAN、EGO-WRAPPIN'などなど、その他多数の国内外のアーティストとも共演。自身のイベント【 SKA BAR 】は、東心斎橋「CLUB STOMP」にて『奇数月の第1日曜日(1月を除く)』に、毎回様々なライブアーティストやゲストDJを迎えてハッピーでピースフルな雰囲気をモットーに開催し、今年で14年周年を迎える。ぜひイベントWEBサイトなどでもチェックしてみて下さい。

[DJ] LOBO JONES


正体不明の覆面DJ。50’sをこよなく愛する、某大物ロカビリー/ロックンロール45sコレクター&DJの変名説あり!今回無理言って、ぜひ参加していただきたいとの願いを聞いてもらいました!50’s &ロックンロール・ファンの方、乞うご期待!(JMS)

[BURLESQUE SHOW] RITA GOLDIE


twitter: BabyRita1218
東京を中心に全国各地を飛び回る大阪出身バーレスクダンサー。バーレスクショー活動から発展したフォトモデル、ショーモデル、ヘアメイクモデル、ピンナップガールとしても活動中。クラブ、ライブハウス、バー、ラウンジで行われるイベント、ファッションショーなどジャンルを問わず様々なパーティに出演。20世紀初頭のキャバレーを彷彿させるスタイルのショーで『レトロなセクシー』を表現。ミュージシャンやDJ、他ダンサーとのコラボレーションも多い。2013年イベント「BURLESQUE KINGDOM(バーレスクキングダム)」を主催。 ◇ 【バーレスクダンスとは?】バーレスクダンスとは、女性の色気を強調するダンスにパロディ(社会風刺)の要素を取り入れたパフォーマンスのこと。焦らしとチラリズムのテクニックでオーディエンスを盛り上げます。


0 comments:

Friday, October 10, 2014

Sub-Sonic Live


先日の店主東京出張DJ@ Sub-Sonic Liveの模様がオフィシャルにアップされました!
ぜひご覧ください。

http://www.fredperry.jp/subsoniclive/archive.php

0 comments:

PROFESSOR LONGHAIR

~絵で楽しむリズム&ブルース~
ニューオーリンズ関連で商品をアップしましたので、プロフェッサー・ロングヘアさんにご登場いただきました。
"Go To The Mardi Gras"のRON盤は3種のカラーがあるんですね~。黄色が一番古いプレスっぽいです。

0 comments:

Friday, October 3, 2014

Down 3rd Anniversary c/w Vinyl Dogs





店主がDJ参加いたしております Vinyl Dogs による、Down 3周年記念パーティーが開催されます!
Night Beat Recordsと同じアメ村内にある開放的でお洒落なレストラン・バーです。
お祝いパーティーでチャージ・フリーですので、ぜひお気軽に遊びに来てください♪



Down 3rd Anniversary c/w Vinyl Dogs2014年10月04日(土)
Open&Start 21:00~
Entrance FREE!

場所:Restaurant & Bar Down【ダウン】

大阪府大阪市中央区西心斎橋2-4-17 FARO難波ビルB1F
地下鉄御堂筋線なんば駅25番出口 徒歩3分/地下鉄御堂筋線心斎橋駅7番出口 徒歩5分
James(OsakaTwist&Shout)
DJ ISHI
coh-chang(WestyBongBong)
Sweet-Y(TITY)Goro(DOWN)
Sumio Iwase
Yuichi Kagawa

レコードオンリーのDJイベント「VUNYL DOGS」がアメ村のBAR「DOWN」の3周年をお祝いします!
もちろんお祝いなんでエントランスフリー!!
個性豊かなDJ陣が繰り出すオールジャンルなグッミユージック&DOWNのお酒でご機嫌な夜を楽しみましょう!!!

0 comments:

木製収納箱が再入荷

以前にここでもお伝えしました木製収納箱ですが、取引先の工場の社長に頼み込んで、追加製造が決まりました!

原材料費が高騰した事により心苦しい値上げとなりますが、それでもベスト・プライスでのご提供を努力いたしております。

お求めだったお客様はぜひこの機会にご検討ください♪ 


追伸:現在UK型7インチ・スリーヴの製造/販売も企画中です!
(↑こんな感じの中央にカットが入ったタイプ)

0 comments:

Tuesday, September 30, 2014

Junkers - meets...the return of JAMAICAN SUNDAY

「Junkers」
"- meets...the return of JAMAICAN SUNDAY -"
on: 10月11日(土曜日) 20:30 ~ Midnight
at: Night Wax
adm: 1000Yen w/ 1Drink

<GUEST DJ's>
(from Jamaican Sunday)
● CRUSH
● TOMMY DIABLO
● OGURAMAN

<REGULAR DJ's>
● KAYANO
● KODAMA
● JAMES
● MOMO
● JOHN LEE

<SHOP & MASSAGE>
● CHOBO
(TOMMY GUN)

<FOOD>
● YUATIN SHOKUDO
● SKAVOOVIE

0 comments:

Saturday, September 27, 2014

Back from TOKYO


東京では「Fred Perry Presents SUB-SONIC LIVE」にお越しいただいた皆様、ありがとうございました!
プロの一流ミュージシャン/DJの方々の中に、いち大阪のレコード屋の兄ちゃんを選抜してくださったFred Perry様にも感謝です。

本番から打ち上げまで楽しかったし、色んな方とお話できたり、充実の東京出張でした。

次の東京は『ワイルド・ロックンロール・ディスク・ガイド』のリリース・パーティーでの出張になるかな?!



大阪に戻ってから、上記ディスクガイドの執筆大詰めで多忙を極めていますが、お店の方も順調に営業こなしております。

本日もドゥーワップ~R&Bグループ系の7インチを24点アップいたしました。
ぜひご覧ください。
http://www.nightbeatrecords.com/

0 comments:

Tuesday, September 23, 2014

店主 東京出張DJ


明日東京にDJ出張いたします!
お世話になっております、アパレル・ブランド Fred Perry 様主催のビッグ・パーティーです。
当日遊びに来られる方は一緒に楽しみましょう♪



http://www.fredperry.jp/subsoniclive/

Fred Perry Presents Sub-Sonic Live

Date:2014年9月24日(水)
OPEN 18:00 START 19:00 CLOSE 22:30
Place:TSUTAYA O-EAST
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-14-8
Tel:03-5458-4681

Live:東京スカパラダイスオーケストラ / LITTLE BARRIE (from UK) / OKAMOTO'S / go!go!vanillas (Opening Act)
DJ:須永辰緒 / 後藤まりこ / G.RINA / JAMES

See more at: http://www.fredperry.jp/subsoniclive/about.php#sthash.f7kSav1t.dpuf

Ticket
前売¥4,500 当日¥5,000 ※ドリンク代別
チケットぴあ[Pコード:241-403]
ローソンチケット[Lコード:71071]
e+ 



UKでは2000年代中頃より、ブランドオリジナルの音楽版ポータルサイト「Subculture」を立ち上げ、独自の視点で様々なアーティストを紹介してきました。100クラブでポール・ウェラーがライヴを行った2007年より、このサイトで紹介されたアーティストをフィーチャーしたサブソニック・ライブがスタート。以降、ザ・スペシャルズ、マーク・ロンソン・アンド・エイミー・ワインハウス、グレアム・コクソン (ブラー)、ドン・レッツ、アフリカ・バンバータ、キング・クルエル、クリーン・バンディット、ゴードン・シティ、テンプルズなど、英国を代表するアーティストや注目の若手アーティストが多数出演しています。 

0 comments:

Thursday, September 18, 2014

業務連絡


本日はジャズの7インチを18点アップいたしました。
エキゾチカ系やポップコーンものを中心に、ラテン系も多数。
珍しいのもございますので、ぜひご覧ください。
http://www.nightbeatrecords.com/

0 comments:

Friday, September 12, 2014

DIARY



明日は主催のOsaka Twist And Shoutが開催されます!

ご予定空いてる方はぜひ遊びに来てください。
19時までの入場で2ドリンク付きです。カレーもあります。

タイムテーブルはこんな感じです♪

18:00~ OKADA(30)
18:30~ momo♪(30)
19:00~ James(30)
19:30~ OKADA(30)
20:00~ momo♪(30)
20:30~ Jimmy Mashiko (30)
21:00~ JAMES(30)
21:30~ Winstons (40)
22:10~ Jimmy Mashiko (30)
22:40~ OKADA (25)
23:05~ momo♪(25)
23:30~ JAMES(30)


よろしくお願いします!



Have a wonderful weekend!

0 comments:

Wednesday, September 10, 2014

OSAKA TWIST AND SHOUT


OSAKA TWIST AND SHOUT
--- 50's & 60's R&B, Rock and Pops Live & DJ show ---
2014年9月14日(土) 18PM - 0AM

At club STOMP (大阪/東心斎橋)
〒542-0083 大阪府大阪市東心斎橋1-13-32宝ビルB1F

ADM: 2,000円(別途1ドリンク)
★19時までにご来場の方は、+2ドリンク・チケットがもらえるハッピーアワーやってます★

【9月のツイストは、東京からのゲストが二組!】

Guest Live
Winstons - Tokyo

Guest DJ
Jimmy Mashiko - Tokyo

Resident DJs
James , Okada , momo♪

Food
ハマカレー


今週末の土曜日は、店主主催の50's/60'sミュージック・ブレンド・パーティー=OSAKA TWIST AND SHOUTがあります。

11月に発売予定の『ワイルド・ロックンロール・ディスク・ガイド』(仮題)でお世話になっております、ジミー益子編集長をゲストDJにお迎えしてお送りいたします♪

ライヴのWinstonsは、Titans / Teengenerate / Firetater / Three Minute Movie... といったバンドで活動されるメンバーが集い、R&B/Soulをプレイする為に結成されたバンド!というわけで初大阪でのライヴという事で非常に楽しみです。

そして長年お付き合いのあるドラマー/ウォッシュボート奏者/パーカッション奏者/カリスマ美容師= きつねうどん さんによる、噂の「ハマカレー」に出店していただける事になりました!
数量限定になるかもしれないので、空腹で早めのご来場をいただいて、ハマさん特製のカレーもぜひご堪能ください。

さらに今回クラブ・ストンプさんによるご好意で、19時までにご入場された方は、ハッピーアワーという事で、1ドリンク代で2ドリンクをゲットしていただけます!

アーリー・タイムもゴールデンタイムも、ツイスト・クルーがナイス・ミュージックをお届けいたします。

See you there soon!



0 comments:

業務連絡

ご機嫌いかが?「I'm Fine, Fine Fine.」

本日はクソ忙しい営業中に1時間抜け出して、歯医者さんに定期健診に行ってきました。
マァマァ上手に磨けてるネと褒められ喜んでいる34歳です。



本日もフィメールVo.関係を中心に7インチを22点アップいたしております!

http://www.nightbeatrecords.com/

どうぞよろしくお願いします!

0 comments:

Tuesday, September 9, 2014

Paypal

本日もホームページの更新が完了しました!
60'sガール・ポップス/音壁ポップス&モータウン関連etc.で濃い内容となっております。
ぜひご覧ください。

http://www.nightbeatrecords.com/





【請求書ツール -PayPal(ペイパル)】

ウェブサイトがなくても、メールでかんたんに請求&決済


最近、決済方法として再導入しましたPayPalですが、PayPalアカウントをお持ちでない方もカード決済ができる便利機能が発覚しました!(お断りしていた方、勉強不足で申し訳ありませんでした。)

詳しくは上に貼ったリンク先のような感じになりますが、簡単に申し上げると、今後はクレジット・カードだけでも決済していただけるというお知らせです!

ご注文時にカード決済希望とお伝えいただければ、明細と共に請求書を遅らせていただきます。

ぜひご活用ください。

0 comments:

Saturday, September 6, 2014

PHIL SPECTOR

ザ・テディー・ベアーズの"To Know Him, Is To Love Him"で当てたフィル・スペクターだったが、このシングルのプロモーション時に、ラジオ局のDJが間違えてB面をオンエアする事態が起こった。

入魂の一曲を1サイドに持ってきている彼からしたら、憤慨に値する出来事であった。

そこで対応策を考えた彼は、Doreレーベル2作目となるシングル"Wonderful Lovable You"のB面用には、露骨に無意味なインストゥルメンタル・ナンバーを配してリリースしている。

これでラジオ局のDJは「明らかにB面である」と直感的に理解するはずだ。と考えたのであった。

この手法は彼がPhillesレーベルを設立してからも頻繁に使われる事となったのは、Phillesのシングルを持っている方なら周知のとおりである。

0 comments:

Friday, September 5, 2014

業務連絡

皆様フライデーナイトはいかがお過ごしでしょうか?

私店主は11月頃に出刊される、ジミー益子先生監修による某(Bo)ロッケンロールなディスコグラフィー制作の為、夜な夜なロックンロールのレコードを聞いて、文章考えて過ごしています。

これについては、もう少ししたら具体的にアナウンスできると思いますので、鼻息荒めで期待してお待ちください。



通常業務も全力でこなしております。
ホームページは、ニール・セダカさん他、極上のポップ・ミュージック&マイナーだけと良い感じのポップスの7インチ・レコードを24点程アップいたしました。(ニール・セダカって、オールディーズ好きになるきっかけになった人で最初よく聞いてそれから全く聞かなくなったけど、一周回って戻ってきたら本当の良さが分かるタイプの人だよね)



明日は雑誌『Groove』さんによるお店取材があります。

最近バタバタしてて店内もとっ散らかっていたので、午前中のうちに奇麗に掃除してお迎えしなければ。。



というわけで皆様 Have a nice weekend.

0 comments:

Thursday, September 4, 2014

US&UKチャート・ヒットを知れるサイト

昨日は「スナック野良猫 meets ナイトビートレコード」にお越しくださった皆さん、ありがとうございました!
平日&雨にも関わらず来てくれた事に感謝です。
本日は久々の絶賛二日酔い出勤となりましたが、ホームページも順調に更新いたしております。ぜひご覧ください。



さてちょっと雑談で、、、

普段お店の商品コメント用のリサーチの為にお世話になっているサイトを勝手にご紹介。

http://www.musicvf.com/

1900年からのUS&UKポップ・チャートのランキングを網羅しているこのサイト!
アーティスト/タイトルで検索すると、チャート最高順位や100位以内の滞在期間等が詳しく出てきます。

データばかりですが(笑)、データから得れる情報も大きいと思うので、お時間ある方はぜひ見てみてください。

0 comments:

Tuesday, September 2, 2014

水曜日スナック野良猫でDJのお知らせ

2014年9月3日(水)
水曜日スナック野良猫 meets Night Beat Records
〒556-0011 大阪市浪速区難波中2-11-1 なんばピア6026 (難波ロケッツ南側) TEL : 06-6634-4141
PM 20:00~

DJ Night Beat Records
(JAMES - Osaka Twist&Shout)
(John Lee)


スナック野良猫 meets ナイトビート・ナイトという事で、弊社スタッフ=ジュン君 aka John Leeとロングプレイです!
ダンスものとブラック・ロックンロールのR&B 45sをたくさん持って行きます。
お酒のアテにしていただけると幸いです。
See you!

0 comments:

7インチ木箱復活!


ご要望が多かった「7インチ木製収納箱」の復活が決まりました!

先日、製造会社の社長とのランチの際、社長に復活希望の旨を懇願したところ、希望が叶いました。

社長曰く、以前と同じ木材を調達するのが無理になり、新たに別の木材を探して使用するとの事で、販売価格は1,680円になる予定です。心苦しい値上げになりますが、これでギリのラインですので、なにとぞご了承ください!

現在精鋭制作中との事ですので、入荷日が決まり次第お知らせいたします。

0 comments:

Saturday, August 30, 2014

UPDATE

いや~気が付けば今日はもう土曜日でしたね。
毎週土曜日に来店されるお客さんがいるので、彼が来ると「Uhh, Today is Saturday.」と意識します。

本日店頭はまろやかに営業しながら、ホームページは充実のロカビリー・リプロ/リイシュー7インチ特集です。

70'sの珍しいのが中心ですので、お好きな方はぜひご覧ください。



画像は昔よく見た映画「暴力教室」。


(不良スタイルに憧れてもレコードは投げてはいけません!)

http://www.nightbeatrecords.com/

0 comments:

Friday, August 29, 2014

レコード・ブーム?


昨日のお昼休み、レコード関連のアクセサリーを製造/卸ししてもらっている、東大阪(東大阪はモノづくりのまち」として世界的に知られる職人のまちだの某工場の社長にランチをご馳走になってきた。

数年前に僕は東大阪に住んでいた時期があり、そういう親近感からか、以前よりとても良くしてくださる優しい社長さんだ。

Night Beat Recordsの近所にある老舗=「はり重」でカツカレーを食べながら、世の中の景気の話や、中古レコード業界の話を色々させていただいた。



その社長の会社では、ここのところ約10年間、レコード関連のアクセサリー(例えばスリーヴや保管ケース等)の売り上げは落ちる事なく、今ではむしろ逆に売り上げが伸びているのだという。(逆にCD関連は売り上げ激減とのこと。)

これには社長自身も驚かれている様子だったが、長年に渡る丁寧な製品作りで、裏からレコード業界を支えてくれている社長の力もきっと大きいのだと思った。



海外のRecord Store Dayから始まり、日本では大手HMVレコードの開店等もあり、世間では“レコード・ブーム”到来だと言われる昨今ではあるが、個人的にはあまりそれを意識した事がない。

もしブームが本当に起こるのであれば、「ブームだからレコードを買う」という事は、最初の購買のきっかけとしては最高だと思う。

けれどもそこから先は、お客さんに「好きだからレコード買う」という気持ちにシフトしていってもらえるよう、ますます気持ちを込めたレコードの売り方をしなければならないな~と思いました。



というわけで社長、良いお話とカツカレーごちそうさまでした!

0 comments:

Powered by Blogger.